病院選びは大事(メンタルクリニック選びは慎重に)

りんこ
りんこ

こんにちは!
りんこです。

鬱や適応障害などにかかってしまったら、避けて通れないのがメンタルクリニックにお世話になることです。

症状に対するアドバイス、お薬、診断書を頂くのに欠かせません。

殆どの場合が数ヶ月〜数年と長期でのお付き合いとなるので、慎重に選びましょう。

特にお薬については、人によって合う合わないがあったり、副作用がひどいケースもあります。

処方も真剣にやってくれるような、真摯な姿勢のお医者さんにめぐりあいたいものです。

それでは、メンタルクリニックの選び方について、りんこの本命の病院に出会うまでの経緯を添えてお伝えします。

病院選びは大事(メンタルクリニック選びは慎重に)

一軒目の病院

私の知り合いもちょうど近い時期に体調を崩し、私より先に既にメンタルクリニックにお世話になっていました。

私には病院を調べる底力もさほどなかった為、その知り合いに教えてもらった病院に行ってみました。

一応HPや口コミはサラッと調べました。

HPには患者に寄り添った内容、口コミは悪くありませんでした

「ここなら大丈夫かなー」

と思い、病院のドアを開けました。

受付に座っている人は、派手めな服を着た化粧の濃いおばさん。

まあ、見た目は個性だ。

お医者さんな訳でもないし、多少派手でも許容範囲かな。

と、思いながら声をかけるとびっくり。

話している最中、ずっと書類作業をしていて私の顔も見ない無礼な感じ

目を合わさないまま、

「問診票かいてくださいー」

と紙を渡される。

ペンペン
ペンペン

無愛想の極みだな💧

若干引きつつも、

「お医者さんがよければいいや。」

と気を取り直して問診票を記入して、呼ばれるのを待つ。

名前を呼ばれて、診察室に入る。

お医者さんに問診票を渡し、質問に答えるように症状や仕事の状況などをできるだけ詳しく話しました。

不敵の笑みといった感じの片方の口角を上げた感じで、「はいはい」といわんばかりのうなづき方で一通り聞き流されました。

その後、

そんなきつい会社辞めちゃえばいいじゃん

「なに頑張って仕事してんの?」と言いたげな感じで、ニヤニヤしながら吐き捨てられました。

ペンペン
ペンペン

この人の決め台詞はこれなんだろうなー

その後は、健康的になる食事について二、三話されて終わりました。

ビタミンやタンパク質は多めに取るように、といったごく当たり前で既に知っている軽い内容でした。

こんなに追い詰められているのに、ビタミンやタンパク質で解決するわけがないでしょう…。

りんこ
りんこ

問診票読んだ?私の話聞いてた?

ペンペン
ペンペン

不信感強め

自宅からは近かったですが、この人に自分の人生を任せる気にはサラサラなれませんでした。

様々なお医者さんはいるとおもいますが、人の話を聞いてくれないのは論外かなと思います。

 

二軒目の病院

気を取り直して、ネットで口コミやブログの情報を見て、新宿のメンタルクリニックを選びました。

私が当クリニックに決めた理由は以下の通り。

口コミが良かった

実際に鬱などの病気に罹った人のブログにて、当クリニックに通った感想が詳細に挙げられており、印象がよかったです。

そのほかにも、口コミ広場的なサイトでも良い口コミが沢山載っていたので、これだけの人が良い評価をしているのなら自分にも合っている確率は少なからず高いかな、と思いここにしました。

話を聞いてくれた

鬱で倒れるまでの経緯や、症状について、真摯に聞いてくれるので安心して話ができます。

一軒目の病院はいつ自分の話が遮られるか、ちゃんと聞いてくれるのか、という心配をしながら話していました。

そういう精神的苦痛がないので、助かりました。

合わない場合は担当交代可

私は最初に当たった先生が真摯に話をきいてくれる方だったので、ずっとそのお医者さんにお世話になっています。

しかし、相性が悪いと思った場合は別のお医者さんに変更してもらうことが可能なようです。

沢山お医者さんが常駐している病院のメリットと言えます。

薬を押し付けられなかった

私は抗うつ剤の副作用が怖かったので、漢方薬を希望しました。

お医者さんは最初に抗うつ剤を出しましょうか、とお話されましたが、すかさず漢方薬を希望すると伝えたところ、適切な漢方薬を処方してくれました。

自分の意見を押し付けず、患者の意見にも耳を傾けてくれる点に信頼が置けました。

おまけ:受付の人も丁寧

一軒目の受付の人は派手で清潔感に欠けて人の目を見ずに対応する人でした。

二軒目の受付の人は、制服を着て化粧も明るく清潔感があり、目を見て丁寧な対応をしてくれました。

…割と受付の人としては当たり前でしょうか。

一軒目が酷すぎただけかもしれないですね笑

 

まとめ

HP情報・口コミの鵜呑みはNG


ネット情報は軽い参考程度に捉えたほうがいいです、盲信はよくないです。

正直、各個人のお医者さんとの相性もありますので、実際に行ってみないとわからないと思います。

ただ、圧倒的に悪い口コミが散見される病院は避けて正解なのかなと思います。

そして、ある程度ふるいにかけて母数を減らすためにも、ネットによる事前調査は不可欠だと思います。

ペンペン
ペンペン

でも念のためのネット検索はした方が吉

会話のできる医師選びを

例えば症状に対するお薬があっていなければ治る時間は遅くなるでしょう。

鬱が治っていないのに社会復帰すれば、病気を再発して更に完治からは遠のくでしょう。

このような体と薬のミスマッチや、完治していない復帰による再発を防ぐためにも、こちらの話をしっかり聞き入れてくれるお医者さんが適切だと思います。

ペンペン
ペンペン

ドッチボールしてきたらサヨナラね

りんこ
りんこ

キャッチボールしてくれる人を選ぶのです

「違うな」と思ったら別の病院を

症状によっては数ヶ月、数年お世話になるお医者さんになります。

「あ、ここは違うな」

と感じるような不快感が7割ほどあったらそこは避けたほうがいいと思います。

ペンペン
ペンペン

繰り返しになりますが、長期間お世話になる病院になるよ!

りんこ
りんこ

大げさに聞こえますが、人生を委ねる相手になると思い、後悔のないように選びましょう

逆に、こだわりすぎていつまでたっても適切な病院が見つからないという沼にハマるのもよくないので、明らかに嫌だなというところは避け、ある程度受け入れることのできる病院であればそれでよいのかな、とも思います。

りんこ
りんこ

病気と闘っている方々が、良い病院やお医者さんに巡り会えますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました